容量を繰り返す

もう解説した通りDROPBOXの応用出来る容量は0円ならば2GB、50GBや100GBは有料になります。
本当は0円のアカウントのままで使用容量を繰り返すことが出来る方式が有ります。
それはDROPBOXのいう要素を満たしていればボーナスとして250MBずつ容量がギフトされるのです。
これを貯めていくと最大3GBまで0円アカウントで追加して扱うことが出来ます。
オンラインで使えるサーバースペースは多ければ沢山ほど済むに決まっていますし空き容量を心配すること無く使えるのであってがたいです。
まずはボーナスで容量を買う為にはどうすることでいいのかご解説します。
DROPBOXのサイトから“Getting Started”タブをクリックして開きます。
したケースここにボーナス容量を味わうための要素が英語で書かれています。
和訳したケース、一種目はDROPBOXのツアーを閲覧すること。
2つ目はDROPBOXに存在するクライアントソフトをパーソナル・コンピューター等にインストールすること。
3つ目は製作したDROPBOXフォルダのなかにファイルを保全すること。
4つ目は他のパーソナル・コンピューターにもクライアントソフトを閉じ込めること。
5つ目は会社の同僚や友人等と共有ファイルを応用すること。
6つ目はDROPBOXに友人を招待することによってす。
以上の6つの要素があり、このなかで最低5つは要素を満たさなければなりません。
5つ要素を満たせばボーナスとして250MBの容量を買うことが出来ます。
6つ目の要素は何度も助かる要素で1人招待するごとに容量がいただける。
招待された側の人にもボーナス容量が250MBいただける。

自分のパーソナル・コンピューターが使えないときの対処

常々自分が使用しているパーソナル・コンピューターが使えなかったり、お出掛け先だったりして常々と違うパーソナル・コンピューターからDROPBOXを使用するときはどうしたらいいのでしょうか。
一定段階DROPBOXを使用するときは専を対象としたソフトをインストールして、パーソナル・コンピューター弱いにDROPBOXのフォルダを決めることで助かるようになります。
但し出先の他人のパーソナル・コンピューターに勝手にソフトをインストールするこというのは出来ません。
こんなときはWebブラウザを通してDROBOXのサイトへアクセスすることで大丈夫です。
Webブラウザ上からだとしてもファイルのダウンロードやUPロードをおこなうことが出来ます。
事前に登録してある自分のメイルアドレスこうしてパスワードを入力してログインします。
フォルダが映されるので、ダウンロードしたいファイルを選定して、更新日ときの横に存在する下向き三角をクリックします。
メニューからダウンロードファイルをクリックすることで出来ます。
こんな風にソフトがインストールされていないケースそれだとしても、WebブラウザからDROBOXのサイトへアクセスすることによって必要なファイルを取り出すことが出来ます。
画像やテキストファイル等のケースは、ファイルを開いてブラウザ上で中身をちゃんと確かめることも出来ます。
UPロードしたケースきは、“Upload”タブをクリックします。
“Choose files”をクリックして、UPロードしたいファイルを選択します。
いくつか選び終わったら“Start upload”をクリックします。
これで終了です。
それ以外にもWebブラウザ上では、ファイル名の変更やファイルの削除、移転、コピー等のハンドリングも一定段階と同じように立ち向かうことが出来ます。
ソフトをインストールしているパーソナル・コンピューターを使用するときよりしばらく使い勝手は悪くなりますが、ネット環境要素にあれば何処のパーソナル・コンピューターからもDROPBOXを使用することが出来ます。

PublicとPhotosのギャップ

クライアントソフトをパーソナル・コンピューターのなかにインストールすることによってDROPBOX専を対象としたフォルダ“My Dropbox”が生まれます。
このフォルダのなかには“Public”と“Photos”というフォルダが初めから置かれています。
“Public”では不特定数多くの人にファイルを公開することが出来ます。
DROPBOXに登録していない人にも公開URLを教えることでファイルを公開することが出来ます。
Publicフォルダに保全したファイルには全て公開URLが自動的に生まれます。
他の人にダウンロードさせたいファイル等があるケースそれだとしても、この公開URLをリンク貼り付けすることによってダウンロードさせることが出来ます。
“Photos”は写真を保全して共有するのに楽なフォルダです。
フォルダ内に保全したファイルの上で右クリックを通して“Copy Public Gallery Link”をクリックします。
URLがクリップボードにコピーされますからそれを相手にメイル送信する等して教えれば共有出来ます。
Photosフォルダは他の人と共有が出来るため、他の人が写真ファイルを保全することも出来ます。
みんなで写真を入れあって写真共有することが出来ます。
“Public”も“Photos”も公開URLで写真やファイル等を公開出来るフォルダですが、2つのフォルダにはギャップが有ります。
“Public”内では1つのファイルに対して公開用URLが作られます。
一方“Photos”ではフォルダごとに作られるようになっています。
ですので1つ1つのファイルを共有させたい時折“Public”が楽で、写真等をいっぱい入れてフォルダごとまとめて共有したい時折“Photos”が楽ですのです。