パスワードの同期

DROPBOXにひと手間したケース数多く台パーソナル・コンピューターを通していても大切なアプリケーションデータをきちんと同期するように設定出来ます。
ふさわしい設定を行なえばインターネット上でパスワードの同期をおこなうことが出来ます。
こうすることによってパスワードをいつだとしても最新の有り様にしておくことができて安全です。
パスワードの管理ソフト“KeePass”を使います。
同期を行ないたいパーソナル・コンピューター全てにDROPBOXをインストールしておきます。
その後KeePassにてパスワードの同期設定をします。
KeePassのデータベースをDROPBOXのフォルダに移転します。
DROPBOXからWEB同期が望めるようにします。
Fileの中から“Save As”を選定してフォルダ内にKeePassを保全します。
他のパーソナル・コンピューターからKeePassを開きます。
Fileの中から“Open Database”を選定してさっきDROPBOXのフォルダから同期したKeePassのデータベースを選択します。
これでパーソナル・コンピューターのDROPBOXに存在するフォルダのなかでパスワードの同期ができているとおもいます。
あとあとどれか1台のパーソナル・コンピューターでパスワードを変更したり新規製作したりしたケース全てのパスワードをマスターパスワード1つで管理できているのでこれ程覚えておけば大丈夫です。
KeePassを開いたままの有り様ではデータベースの更新が出来ないため、更新を反映したいときは兎にも角にも一度KeePassを閉じてふたたび立ち上げてから使用するようにしましょう。
これをおこなわないとデータの自動更新が正常におこなわれません。

TrueCrypt

“TrueCrypt”というのは暗号化した仮想ドライブを創ることが出来るソフトのことです。
DROPBOXを使用するにあたってセキュリティが心配なケースは、このソフトを応用してデータ保全したケース安心です。
ポータブル版のTrueCryptをDROPBOXのフォルダのなかに保全します。
こうすることによってDROPBOXに接続していないパーソナル・コンピューターから暗号化してあるファイルにアクセスしたケースきの時間を短縮することが出来ます。
TrueCryptでは常々は画面上に映されずに必要になったときだけ認識して見つかる隠しドライブを仕立てることが出来ます。
より一層その隠しドライブの仮想領域を見せかけ部位と本命部位におのおの分けて使えるところが最大の特徴です。
これをかしこく応用することで、最悪この仮想ドライブの存在を他人に知られたところで、この見せかけ部位のみを見せればですので大丈夫ということもあるかも知れません。
DROPBOXでTrueCryptを立ち上げあたらアプリケーションや文書等セキュリティを万全にしておきたいファイルを保全しておきます。
いっぱいのファイルを保全して容量をとってしまったとしても、DROPBOXが同期をおこなうときは、変更箇所のみ行なうため量もそこまで多くはなく同期にも時間はかからないとおもいます。
大切なファイル、心配なファイルは全部暗号化されたこのファイルに入れておきましょう。
これがDROPBOXを賢く応用する方式の一つです。
DROPBOXの隠し技能は意外にいっぱいあるのです。

音楽

データファイルや画像だけじゃなく音楽もDROPBOXとして友達等と共有することが出来ます。
しかも何処からだとしてもDROPBOXにアクセス出来るため大変楽です。
iTunesの使用者ならばDROPBOXのフォルダへライブラリを移転させることが容易に行なえます。
iTunesというのはUPル社が創り出したもので、音楽やムービーを再生するソフト、管理するソフトです。
応用する際はUPル社のサイトから0円ダウンロードして使います。
MacもWindowsどちらのパーソナル・コンピューターもダウンロード出来ます。
iPodやiPhoneやiPadを使用する人には七つ道具です。
24時間365日ほしいものをいつだとしてもコレクションとして入れることが出来ます。
扱い方としてはiTunesによる音楽フォルダをDROPBOX内に移転させてから、SHIFTキーを押しながらiTunesを起動します。
このときどのライブラリを使用するかおっしゃるため新規のフォルダロケーションを選択します。
2台目以後だとしても同様の設定を通して同じようにSHIFTキーを押しながらiTunesを起動して同じように新規のフォルダロケーションを選択します。
こうしてDROPBOXのなかに音楽コレクションを入れておけば何処のWebブラウザからだとしてもインターフェイスを経由することでアクセスすることが出来ます。
iPhone等からも取り扱うことが出来ます。
いくらかの時間音楽を聴きたい人には不向きですが、その場のトピックの曲を友達に幾らか聴かせるくらいならば楽に使えます。

開発

DROPBOXは近年のDROPBOXのCEOであるドゥリュー・ヒューストンが開発しました。
こうして近年もベンチャー会社の支援を受けながら開発が続いています。
DROPBOXの最大の特徴として言えるのは導入や扱い方が容易なことに有ります。
他のオンラインストレージでは導入がシビアなものや扱い方が複雑なもの等何処かしらの不愉快がありました。
それらを全て解決していいとこどりしたものがDROPBOXです。
ローカルにソフトをインストールして“My Dropbox”というフォルダを造ります。
このフォルダや一定段階のHDDのフォルダと同様にエクスプローラ等から見られます。
但し正にファイルデータがあるのは“Amazon S3”というAmazonのオンラインストレージ内に保全されています。
このAmazonへの保全容量によって応用料金が決まっています。
Amazonのストレージを応用することによって生じる費用がDROPBOXにどんなふうに反映されるかは分かりません。
データ更新は数多く台パーソナル・コンピューターがあったケースどれも絶えず最新の有り様になっています。
1つのパーソナル・コンピューターで更新した情報は全部のパーソナル・コンピューターに対して同期されて反映されます。
ファイルは通信たまに経路上ではSSLとして、ストレージ上ではAESとして暗号化されています。
将来的には現時点何処のコンピュータを使用しているか、自分のファイルは何処に保全してあるか等練る必要がなくなる環境要素がやってくるとかんがえられています。
近い将来必要なファイルは必要なときに手元に存在する有り様がやってきます。
DROPBOXのさらなる手法開発によって実現されるとおもいます。
DROPBOXの存在があとあとのコンピュータやネット等との私たちの付き合い方をものすごく変化させていくことでしょう。

システム

お勤めではパーソナル・コンピューターが手放せなくなった現代、個人も1人1台以上のパーソナル・コンピューターを保ち買いものや調べもの等何だとしてもインターネットですることが可能なようになりました。
こんな時代では価値ある存在のDROPBOXは案の定どんなシステムになっているのでしょうか。
DROPBOXの概要に対して解説します。
パーソナル・コンピューターにインストールしたDROPBOXのアプリケーションケーションがパーソナル・コンピューター全てを監視しています。
ファイル更新が浴びるかどうかをますます監視ているのです。
こうしてパーソナル・コンピューターにチェンジがあったときサーバーへ更新されたファイルの差分だけをUPロードします。
反対にサーバー上のファイルの方が真新しいときは、サーバー上の差分データをパーソナル・コンピューター側へダウンロードします。
数多くのパーソナル・コンピューターを同期してデータを管理するアプリケーションケーションは他にも“FolderShare”を始めとして数多く有ります。
ただしこれらのアプリケーションケーションと比べるとDROPBOXの方が断固優れている面があるのです。
それがオフラインも応用出来ることと差分だけを更新して獲得することによってす。
数多く台パーソナル・コンピューターを使用しているとき全てのパーソナル・コンピューターをオンライン有り様にする必要がございません。
何とかオフラインになっているパーソナル・コンピューターが存在したとしても、起動したときにサーバーに接続してデータを比べてファイルを更新してくれる。
またバックUPが差分更新ですので、容量が小さくてすみます。
その為更新に時間がかからずハイ・スピードでUPロードやダウンロードが出来ます。
サーバーの負担も軽くて済むので大変楽です。