保全前に引き戻すシステム

ファイルを削除したケースではだけでなく、ファイルに修正を加えて更新をかけてしまった後に保全前の有り様に戻したいと言うこというのはよく有ります。
あんなケースではそれだとしてもDROPBOXでは更新前の有り様にファイルを引き戻すことが出来ると言う楽システムがあるのです。
DROPBOXのフォルダではは、ファイル内容が変更されて更新浴びる度に始終最新有り様にファイルを保っています。
それと一気にファイルを更新ごとにつぶさに保全しているので、日にちごとにいくつもファイルが存在しているのです。
それによって自分がこの度保全した前のときのファイルに戻したいときは、任意の日にちを選定してそのファイルを呼び戻せばいいのです。
これはDROPBOXの“リビジョン管理”と呼ばれるシステムです。
この保全出来るリビジョンファイルの数に対して殊に制限は設けられていないとおもいます。
ハンドリングしたケースきはWebインターフェイス上で行ないます。
元に戻したいファイル名の上で右クリックをします。
メニューから“Revision”を選択してクリックします。
リビジョン管理の画面が映されます。
ファイル名に個々“ver.”が映されています。
クリックしたケースそのバージョンのファイル内容を確かめることが出来ます。
戻したいファイルが見つかったらそのファイル名の横に存在する“Restore”をクリックします。
これで変更前のスキなファイルに引き戻すことが出来ます。
構成を与えすぎてしまった企画書や、計算をしすぎてしまった計算表、人のファイルを修正してしまって元に戻しておきたいもの等全てに役立つ楽システムです。

特殊フォルダ

DROPBOXには特殊なフォルダが3つ有ります。
そのうちの一つ“パブリックフォルダ”を紹介します。
パブリックフォルダというのは使用使い手以外にも他の使い手からアクセスすることが出来るフォルダのことです。
一定段階のフォルダは使用使い手しかアクセス出来ません。
他の使い手は直接フォルダにアクセスするわけではございません。
パブリックフォルダを対象としたURLにアクセスします。
パブリックURLは個々に割り当てされているので、個々専を対象としたURLを携帯しています。
自分が製作したファイルを他人に確かめて下さいケースでは等、そのファイルに対してのパブリックURLを取得して、そのURLをE-mailで相手に伝えればそのアドレスを通してアクセスすることが出来ます。
テキストファイルだけでなく、画像やムービーや音声等いかなるファイルスタイルだとしても対応出来ます。
ファイルを直接受け渡しする必要がなくE-mailにURLを添付するだけで受け渡しがおわりするので大変楽です。
パブリックフォルダはDROPBOXを使用したケースきのフォルダ“My Dropbox”のなかに存在しています。
がい当するファイルをパブリックフォルダのなかに保全します。
保全したファイルの上で右クリックして“Copy Public Link”をクリックします。
こうすることによってパブリックURLをクリップボード上にコピーすることが出来ます。
このパブリックURLをE-mailで相手に送信して、受け取った人がこのURLをクリックすることでファイルを見分けることが出来ます。
この際受け取れる側がDROPBOXに登録している必要はございません。

写真フォルダ

写真をいっぱい保全するのに楽な“フォトフォルダ”と言うものがDROPBOXに有ります。
写真専を対象としたフォルダとなっていて、フォトフォルダのなかにフォルダを製作したケースパブリックギャラリーとしてWebのアルバムとなってきます。
こうすることによってフォルダのなかに保全した写真を他人に公開することが出来ます。
これもDROPBOXの特殊フォルダの一つです。
このフォトフォルダではフォルダごとにオリジナルのURLが付きます。
これがパブリックフォルダとの相違点です。
他人に1つのURLを教えればですので全ての写真を公開することが出来ると言う手がるさが有ります。
いっぱい録画したデジカメ写真を他人に公開したいとき、同窓会や会社の行事、遠足、発表会等皆に写真をみせたい時折このアドレスを伝えるだけでアクセスしてもらって勝手にみてもらえるので写真を現像して焼き増しする手間もございません。
WebアルバムにUPする必要もないので楽です。
扱い方はパブリックフォルダのなかに自分自身で製作したフォルダの上で右クリックを通して“Copy Public Gallery Link”を選択します。
URLがクリップボードにコピーわたるためこのURLをE-mailに貼り付けて送信することで大丈夫です。
受け取った人はURLをクリックしてギャラリーにアクセス出来ます。
ギャラリー内に存在するサムネイルをクリックすることで写真を拡大表示することが出来ます。
容易に大勢で写真が共有出来る大変楽なシステムです。

シェア

あまりの特殊フォルダはDROPBOXを通している人同士がフォルダをシェア出来る“シェアフォルダ”です。
ファイルをシェアフォルダに指定しておけばDROPBOXを通している人みんなが閲覧することが出来ます。
再び変更や削除もみんなすることが出来ます。
ファイルを新規に製作してUPロードすることも出来ます。
このシェアフォルダシステムは大人数でファイルを共有して更新をかけて出向くときに楽なシステムです。
会社の職場内でフォルダを共有して一つのファイルに個々の担当が数値を入力したり修正を掛けたりして共有の材料を創り上げて出向くことが出来ます。
またWeb上で扱う材料やお勤めで扱うグッズ等共有して取り扱うものやマニュアル等も入れておくと配る手間もなくみんな見ることが出来ます。
従来みたいにE-mailで材料を添付してその都度開いていると比べるとしっかり早急にて、ファイルも最新のものを見分けることが出来ます。
使用したケースきはWebインターフェイスから行ないます。
画面左側に存在するメニューから“Share”を選びクリックします。
シェアフォルダに塗り付ける名前やシェアするメンバーのE-mailアドレスを入力してから画面左下の“Share Folder”をクリックします。
これで“My Dropbox”のなかにシェアフォルダの出来上がりです。
シェアフォルダに参加メンバーがアクセスしたケースコメントを残すことが出来るのでメンバー同士の意見交換も出来ます。
DROPBOXに登録している人だけが使える大変楽なシェアシステムです。