ファイルの共有

DROPBOXの艶やかさとして、ファイルを共有出来ることもその一つとして挙げられます。
扱い方がまったく容易なことも評判の理由です。
ソフトをインストールしたことによって自動的にパーソナル・コンピュータのなかにできた“My Dropbox”と言うフォルダを一定段階のファイルと同様にエクスプローラからファイルを醸し出したり保全したりするだけです。
ハンドリングはノーマルのHDDと同様に、ドラッグしたりドロップしたりするだけですので容易です。
パーソナル・コンピュータ上のアプリケーションケーションを通して保全しても問題なくハンドリング出来るので楽です。
ハンドリングは一定段階のファイルとてんで同じ感覚で“My Dropbox”にファイルを保全するだけですのでかなり容易です。
ソフトさえインストールしてあれば、パーソナル・コンピュータとDROPBOXのオンラインストレージ上に存在するファイルが完全に同期して始終最新の有り様でファイルを保つことが出来ます。
こうして一度“My Dropbox”のフォルダに保全することで、ファイルの中身を修正して更新する度に自動的にその更新されたものが同期されてバックUPされます。
従来の同期システムみたいにその都度同期ボタンを圧すことも必要ないので意識すること無く勝手に同期されて、そのプロセシング時間も一瞬で終了します。
このDROPBOXが扱っているオンラインストレージは0円で2GBまで容量を使用することが出来ます。
たいせつなファイルを全部いれても一定段階はあまるほどの容量が確保されています。
何もかんがえずにたいせつなものは全部ここに保全することで大丈夫ですのです。
ただし忠告しなければならないこというのは、DROPBOXへのアクセスを90日間しないと、非アクティブ有り様とみなされてサーバー上に存在するファイルが削除患うため気をつけなければなりません。
ファイルを保全してそのまま見逃しないようにちゃんと管理をしなければならないと言うことです。

Webインターフェイス

楽なDROPBOXでは挙げられるのがこの“Webインターフェイス”システムです。
今までDROPBOXをパーソナル・コンピュータにインストールしてあれば容易にオンラインストレージが使えるとご解説してきましたが、パーソナル・コンピュータにインストールしなくても使える方式があるのです。
それがこの“Webインターフェイス”の利を対象としているものす。
ファイルをダウンロードすることも、記載することも、転移したり、消したり、名前の変更やフォルダの製作や削除等一通りのことを行なうことが出来ます。
但しこれには要素がありWebインターフェイスでファイルを記載したケースきは容量制限が有ります。
1ファイルにつき350MBしか許可されていません。
一定段階ソフトをインストールして“My Dropbox”から行なう時折容量制限はございません。
それさえ良ければそれ以外のハンドリングは爽やかにおこなえるので大丈夫とおもいます。
インターフェイスに対してもAjaxを採用しているので画面の切り替え時等に問題が生じることもございません。
Webインターフェイスのメリットとしてソフトをインストールしていないパーソナル・コンピュータだとしても助かるため、自分のパーソナル・コンピュータではない環境要件からも使用することが挙げられます。
たとえば会社で出先の専門業者のパーソナル・コンピュータで自分のフォルダにアクセスしてファイルを解くことも、出先のサイバーカフェやネット環境要件等から自分のファイルを解くことも出来ます。
ただそのファイル内容を更新したケースではは、DROPBOXの中のファイルが自動的に更新はされないため記載を手動で行なわなければならないことに忠告が必要です。

ファイルの救出

一層DROPBOXの楽システムを紹介します。
それがファイルの救出システムです。
うっかり必要なファイルを削除してしまったなんて経験は多くの人が持ち歩いているとおもいます。
そういったときDROPBOXでは楽な削除ファイル救出システムがあるのです。
なぜならば一度だとしてもDROPBOXのオンラインストレージのなかに保全したファイルに対しては、バックUPが製作されているので削除したと見えても奪い返すことが出来るのです。
ファイルの救出をおこなうときは、Webインターフェイスによって行ないます。
取り敢えず削除してしまい救出したいとおもうファイルがあるフォルダを開きます。
ですので“Show Deleted file”をクリックします。
したケース削除したファイルが映されてきます。
削除されたファイルはファイル名がグレー表示になっています。
ファイル大きさも映されておらず今や削除済みのファイルですが、これらをサーバー上に存在するバックUPファイルから取り去り戻します。
奪い返したいファイル名の上で右クリックを通して“Undelete”をクリックします。
これでファイルの救出はおわりです。
気をつけなければならないこというのは右クリックした段階で“Purge”をクリックしてしまうとサーバー上からも完全に削除されてしまため忠告して下さい。
逆にサーバー上からも完全にファイルを削除してしまいたい人はこのシステムを使用したケースいいです。
先ず削除したケース絶対復元出来ませんから、慎重に選定してハンドリングするようにして下さい。