うちわ

家で東京オリンピックを観戦する予定の人も、会場で観戦する予定の人も、オリンピックが行なわれるのは夏ですので、“うちわ”が必須グッズです

東京オリンピックのグッズとしても、うちわ、扇子はいっぱいの種別が備えされていて、値段も手ごろな品物ですのでお土産としても評判が高いです。

外国人観光客の人にすさまじく、うちわ、扇子はニホン古来のグッズとして好評です。

一番ベーシックなスタイルは、エンブレムうちわ2枚セットです。

紺地に白で東京オリンピックのエンブレムが書かれたうちわと、赤地に白でエンブレムが書かれたうちわの2枚セットで300円(税込)となっています。

同様に東京パラリンピックバージョンのうちわ2枚セットも有ります。

白地に紺で東京オリンピックのエンブレムが書かれたうちわと、紺地に城でエンブレムが書かれたうちわの2枚セットも有ります。

他にも竹で創られたうちわも有ります。

小判型の竹うちわは、うちわの名産地でポピュラーな香川県の丸亀市で創られたうちわです。

一定水準のうちわと比べると長細いく小判型になっているので携帯しやすくて、風も少しの力で涼風を獲得することが出来ます。

東京オリンピックのエンブレムがついたバージョンは紺と白のデザイン、東京パラリンピックのエンブレムがついたバージョンは赤と白のデザインです。

値段は864円(税込)です。

小判型を一まわり小さくした、ミニ小判型の竹うちわも有ります。

カバン等にも入れやすく携帯に楽な大きさです。

値段は648円(税込)です。

色は、青と5ケースあって個々白地で東京オリンピックのエンブレムが中央に大きく書かれています、。

オリンピックマスコットの書かれたうちわは432円(税込)で、マスコットの形に模られているうちわは540円(税込)です。

スイング扇子は、外骨箇所がプラスチックになっていて、そこを両サイドに開けば早速に使える新感覚の扇子となっています。

従来の竹扇子にあまりなじみのない人だとしても早速に開いて使い易いように創られています。

外骨箇所に“T大丈夫YO2020”と言葉が大きく書かれていて、扇子の中央には東京オリンピックのエンブレムが書かれています。

お土産としても来場記念としてもおススメのグッズです。

何と比べると扇子は畳んでコンパクトなって、立地をとらずに携帯できてすさまじく楽です。

値段は648円(税込)です。

オシャレなスタイルにも似合う、アルミ製の親骨を使った扇子も有ります

アルミ製の親骨に黒染の竹骨を使ったシンプルなデザイン。

スーツにもカジュアルスタイルにも合うオシャレな扇子です。

値段は3,024円(税込)です。