Tシャツ

集めると言うより東京オリンピックの開催期間中に現実に着て、オリンピックの雰囲気を自ら楽しむと言うグッズが“Tシャツ”です。

東京オリンピックが開催された記念としても将来、Tシャツを見ておもい起こすことが出来ますし、現実に着て使用することも出来ますから重宝します

Tシャツは東京オリンピックのグッズのなかだとしても特に評判が高い品物となっています。

Tシャツの種別はすさまじく潤沢で、2020年の東京オリンピックの大会エンブレムを全面に強調したデザインのものや、小さくワンポイントとしてエンブレムをデザインしたもの。

一箇所だけを大きくしてデザインしたもの等多様なスタイルが有ります。

Tシャツはメンズ、レディース、ユニセックス、キッズとあり、大きさも潤沢に備えされています。

半袖Tシャツだけでなく、長袖Tシャツや吸汗速乾性に優れたTシャツ等いろいろ有ります。

デザインもすさまじく潤沢で、白Tシャツにネイビーのエンブレムがついているシンプルなものから、緑や黒やピンク、オレンジや水色等カラフルなTシャツの中央にオリンピックエンブレムやロゴが映されているもの。

Tシャツの胸あたりに白ラインでT大丈夫YO2020とだけ書かれているシンプルなもの、胸元に小さくエンブレムをワンポイントとして脇腹あたりにクロッピングのプリントをしたオシャレなTシャツ等も有ります。

ボディ箇所と袖箇所の色を変えたデザインTシャツや襟や袖等にパイピングが施されたものも有ります。

デザインも東京オリンピックのエンブレムだけでなく“Hanabi”をあしらったもの、“ワンピース”などの評判キャラクターをあしらったものも有ります。

東京オリンピックの公式オフィシャルストアーでは、Tシャツだけで100グッズ以上有ります。

値段は3,000円台~5,000円台まで有ります。

世間一般的なTシャツと比べると少し高めの想像も有りますが、東京オリンピックの記念品物と言うことをかんがえれば高すぎること言うのはないとおもいます。

オリンピック開催期間中はTシャツを着て、オリンピックを楽しみ、終了後は常々使いとしてもいいですし、将来の記念、おもい出として保全しておくのもいいとおもいます

Tシャツを見る度に2020年の夏をおもい出すことでしょう。

Tシャツには、ポピュラー運動競技ブランドの“アシックス”生産品も有ります。

常々着にも運動競技時にも使い易いようにシンプルなデザインで、吸汗速乾性も優れているTシャツですので、ウォーキング、マラソン等運動競技をおこなう際にも大大活躍した場合おもいます。

またアシックスからはハーフパンツやグラフィックタイツも公式グッズとして市販されていますから、上下セットで揃えることも出来ます。

Tシャツなどのアパレル生産品は“東京2020のオフィシャルオンラインストアー”か“東京都庁内のストアー”か“アシックスのオンラインストア”にてオーダー出来ます