東京オリンピックオフィシャルショップ

2020年の東京オリンピックに向けて多様なグッズが出現しています。

東京オリンピックの組織委員会が2016年6月から公式オリジナルグッズの市販を行ってきました。

特に2016年8月リオオリンピックの開催期間には、オリンピックの盛り上がりも手伝って多くのお客さんがストアーに訪れました。

ニホン人だけでなく外国人観光客もいっぱい訪れて関連グッズを買っていったやうです。

このときは約100種別のグッズを市販していて、評判品物は東京2020のエンブレムがデザインされたピンバッジやタオル等でした。

Tシャツも評判でしたが、価値が手ごろなピンバッジが一番評判となっていました。

キャラクターがデザインされたグッズもあり、ワールドにも評判のニホンのアニメキャラクターの品物もあり、外国人観光客も喜んで買っていったやうです。

キャラクターの品物ではフェイスタオルやうちわ、キーホルダー等が評判となっていました。

近年まで東京オリンピック関連グッズをオーダー出来るオフィシャルストアーは東京の渋谷や銀座に登場しました

しかしこれらは全部期間限定のストアーで近年は市販を行っていません。

そしてオリンピックを2年後に抑えた2018年7月、オフィシャルストアー初めての常設ショップが東京の新宿に登場しました。

新宿の西口にできたこのオフィシャルストアーは、東京オリンピック終了時、2020年9月30日まで続くおショップです。

オープン初日には、盛大にセレモニーが行なわれ、女子ソフトボールの上野選手や水泳パラリンピックの森下選手がテープ除去を行ないました。

東京2020のオフィシャルストアー、新宿西口ショップは東京都新宿区西新宿のビックカメラ新宿西口ショップの2Fに有ります。

売り現況積もかなり広く、東京オリンピック関連のグッズを700種別ちかくも扱っています。

東京オリンピックの公式ライセンス品物が多々揃っていて、以後も新品物が続々とあらわれるやうです。

一部の品物は東京都庁内の売ショップで買うことも出来ます。

2020年の東京オリンピックグッズのなかで、タオルやTシャツ、ピンバッジ等が売られています。

東京都庁内の市販ショップ舗は次の通りです。

・くまざわ書ショップ(第一本庁舎の2F)。

・クランク トランク(第一本庁舎の南観望室45F)。

・弘済会アシスト(都民広間の地下)。

・セブンイレブンの東京都議会議事堂ショップ(都民広間の地下)。

・東京富士色(都民広間の地下)。

・ファミマ(第二本庁舎の1F)。

・博品館 TOY パーキングスポットRK(第一本庁舎の北観望室45F)。

中だとしても“博品館 TOY パーキングスポットRK”は他の売ショップにないグッズも扱っていて品揃え潤沢ですのでおススメです。