ヤフー知恵袋の回答システム

Q&Aサイトにおける回答は、本質的にはそのサイトの主が、行ないますね。
例えば、自動車のQ&Aサイトのケース、そのサイトのハウスキーパーが、、自分の携帯している車の知識を使って解答すると言う形が、一般的です。
この方式のケース、そのカテゴリーのスペシャリストが、応ずると言う点において、大きなアドバンテージが、有ります。
又、サイトのハウスキーパーが、答えていると言うことで、ある程度の真実味、真実味が、ある点も大きな利点です。
ただ、独力、または数人が、答えるにかんしてばっかりなので、知識の幅や量にはひとりでに限界が、有ります。
ケースによっては、回答者の思考が、かたより過ぎていることもあり、あまり精度の高い回答が、得られると言うのは限らないこともあるでしょう。
一方、ヤフー知恵袋の回答は、ヤフー知恵袋の応用者全員が、行なえます。
サービス応用者が、わずかケースには、よく大きな利点と言うのはなりにくいシステムですが、、2011年時点でID数800万、月刊訪問者数1500全ての人を誇るサービスと言うことで、いっぱいの「回答者候補」が、存在しているサービスとなっており、これが、ヤフー知恵袋最大の利点となっています。
つまり、これ程の膨大な数の人達が、、自分の専門カテゴリーに対して回答をおこなうのです。
こうして、一つの質問に対して応える人の数は決まっていないので、質問によっては実にいっぱいの回答が、得られます。
従って、個人の偏った思想だけに留まらない、平凡、客観的な回答を得ることが、出来るのです。
これはQ&Aサイトとしては大変に有用な点といえます。

回答システムの要注意点

応用者であるのなら誰でも回答出来ると言う、Q&Aサイトとしては大きな武器を持つ「ヤフー知恵袋」。
ただ、そんなに変わると当然なが、ら、初心者が、回答をするケースもおもい切りでてくる。
ケースによっては、その回答が、質問者に対して失礼にあたったり、他の回答者から異を唱えられたりすることもあるかもしれません。
ヤフー知恵袋には「質問正味、回答正味は全て規則的確」と言う旨の記述が、なされてあり、それを認識した上で応用するように喚起されています。
と言うのはいえ、誤った回答や失礼な回答等をしてしまうと、質問者ばっかりではなく、回答者自身も泥をだぶることになります。
その点を要注意した上で、回答をおこなうようにしましょう。
本質的に、初心者の段階では積極的な回答はおこなわないことをお進めします。
それでは質問を通じて、それに対する回答への返答をしたり、各カテゴリでとうにおこなわれている質問と回答を確認したりして、応用する方式の感覚を掴みましょう。
どういう回答をすれば感謝されるのか、反対にどういう文面だと不快におもわれるのか。
本質的には、この時代常識と照らし合わせれば問題ないのですが、、近頃のネット世のなかにおいては、それは通用しないのが、実状です。
当然、小学生や中学生も数いっぱい応用するヤフー知恵袋においては、敬語も薄い、煽りお目当てとも見える文面が、散見されます。
そういう文はまねることのないよう、マナーを守って質問者に感謝される回答を心が、けましょう。
回答の際に書き込める本文は、10~2,000言葉です。
画像ファイルが、必要なケースは、質問の際と同様に1ファイルのみ添付出来ます。
Yahoo!地図も、同じく1枚のみ利用出来るです。
これらを賢く応用し、最高の回答を通じてあげましょう。

ヤフー知恵袋のベストワンアンサー

誰でも参加出来るQ&Aサービス、ヤフー知恵袋。
この「誰でも参加出来る」は、いっぱいの利点を有しているのと同じ時に、大きな障害も抱えています。
誰でもが、参加出来ると言うこと言うのは、逆に言えば「依然としてこの時代常識を了解していないちびっこ」「パーソナルコンピュータ初心者」「悪意ある回答や質問をおこなう者」「営利お目当ての人間」等が、応用する見込みも窺えると言うことになります。
こうしてありのまま、そんな人の書き込みが、数いっぱい見受けられるのも、ヤフー知恵袋のセールスポイントの一つです。
その為、あんまり質問に対してふさわしい回答が、受け取ると言うのは限りませんし、ケースによっては悪賢い言葉で罵られたり、絡まれたりすることも有ります。
そういった中で、このヤフー知恵袋が、サービスとして成立し、普及し、定着した最大の原因は、精度を敢然と出来るシステムを採用している点です。
「この人の回答なら信頼出来る」と言う、応用者の実績をイージーに確認出来るシステムが、存在しているのです。
その最たる例が、、「ベストワンアンサー」です。
ベストワンアンサーと言うのは、ある質問に対し、回答受付期間内(7日間)において書き込まれた回答のうち、断然凄い一つの回答に対して質問者が、指定出来る制度です。
つまり、一際際立つ回答に対して贈られる「称号」と言うことになります。
ベストワンアンサーは、回答の精度、真実か否か、正解か不正解か、と言う点が、必ずしも大切視されるわけではございません。
質問者が、「この答えが、ベストワン1」と判断した回答に対して贈られるものです。
と言うのはいえ、主としてにおいて、的を射た回答が、ベストワンアンサーに選ばれています。
又、より細かく、一層親身になって答えている文面に対して贈られる傾向が、圧倒的に数いっぱい見受けられます。
過去に何度もベストワンアンサーに選ばれている人の回答であるのなら、無論精度は増すと言うわけです。

ベストワンアンサーへの投票

本質的に、ベストワンアンサーは質問者が、決定する権利を携帯しています。
但し、自分自身で決めかねる時や、形づくるつもりが、ないケースには、他者にその権利を売ることが、出来ます。
それが、、ヤフー知恵袋のシステムの一つ、「ベストワンアンサーの投票」です。
自分が、投稿した質問への回答に対し、ベストワンアンサーをどれにするか決めきれないと言うケースは、他の応用者からの投票を募ることが、出来ます。
方式としては、「My知恵袋」の「質問一覧」をクリックし、「前からの質問」のリストの中から、当てはまる質問のタイトルをクリックします。
こうして、「質問の委細」の中の「みんなの投票でベストワンアンサーを決める」と言うボタンを押し、正味を確認した上で「この質問を「投票」にする」ボタンを押せば、ベストワンアンサー投票が、始まります。
投票によるベストワンアンサーの選出になったケースは1週間の投票受付期間が、設けられ、その期間中の投票を集計し、断然票を得た回答が、ベストワンアンサーに選ばれます。
尚、1位が、同票となったケースは、投稿された日時が、速い回答が、ベストワンアンサーとなります。
この投票制度の利点は、客観的にベストワンアンサーをこなせると言う点です。
質問者の視点だけじゃなく、数いっぱいの応用者が、「この回答は良い!」と思った回答が、ベストワンアンサーに選べることで、回答者も質問者も納得出来るでしょう。
又、ベストワンアンサー制度の健全性を持ち、回答の質をつりあげると言う点においてもシステムするシステムといえます。
ヤフー知恵袋は、こういったシステムによってリライアビリティを保っているからこそ、皆に応用されているのです。