ヤフー知恵袋の歴史

今やいっぱいのニッポン人のなかで、常識化しているヤフー知恵袋の存在。
完全に定着してきている背景には、その使い勝手の良さや、サービスとしての自由性の高さ等が、有ります。
ただ、最もおっきいのは、「Yahoo!」のサービスであると言う点に尽きるでしょう。
ヤフー知恵袋の歴史を読み解くと、設立されたのは2004年と意外にも割とここのところです。
しかも、2004年はベータ版の提供のみで、まさに正式版が、登場したのは2005年11月7日のことです。
2010年の段階で、どうにか5年を迎えたと言う大変に初々しいサービスなのです。
そういったヤフー知恵袋が、飛躍の時を迎えたのは、2006年から2007年にわたってです。
当初はパーソナルコンピュータのみで利用出来るサービスでしたが、、2006年に携帯電話けれども応用出来るようになりました。
2006年末にはリニューアルを行ない、2007年にはモバイル版もリニューアルして活性化を図った結論、単に携帯からのアクセスが、急増し、ヤフー知恵袋と言うサービスはごっそり普及しました。
ヤフー知恵袋のサービスサクセスの原因は、いち早急携帯対応のモバイル版を公開した点に有ります。
Q&Aサイトと言う、敷居を出来るだけお安くした方が、良いサービスにおいては、携帯からのアクセスが、本流となること言うのは明白です。
その点をしっかりとおさえたことで、あっと言う間にニッポン最大のQ&Aサイトへと成長を遂げたのでしょう。
その歴史は二度と長くはございませんが、、それまで「Yahoo!」が、積み上げてきた実績と、しっかりとしたマーケティングの結晶が、、ヤフー知恵袋のサクセスを支えたといえます。

ヤフー知恵袋の質問システム

数いっぱいのQ&Aサイトにおける質問は、閲覧した時点で今やそのサイトに記載されています。
いっぱいのケースはそれが、投稿と言う形になっていますが、、はっきり言って、それが、投稿されたかどうかは閲覧者にはわかりません。
いよろしいよ、その真意や精度には断じて大切性はなく、大切なのは質問の正味と、それに対する回答の質です。
いくら回答が、しっかりしていても、自分が、引っかかると言う質問が、なければ無駄し、漸く引っかかるとしていた質問が、あっても、回答が、おざなりでは肩透かしとなります。
そんなゆえんで、ヤフー知恵袋の質問システムと回答システムは大変に利便性が、高いといえます。
とりあえず質問システムですが、、本質的にはヤフー知恵袋の応用者の誰でもが、質問出来るようになっています。
従って、既存の質問を見い出すだけじゃなく、そこに自分の引っかかる情報が、ないケース、自ら質問することも出来ます。
そのケース、いろいろな制限が、あるので、それを踏まえつつ質問しましょう。
例えば、質問の本文は5~100言葉のスポットとなっています。
但し、やっぱこの言葉数で質問が、出来ないと言うケースは、「質問追記欄」を応用すればOKです。
この追記欄には1,000言葉まで書くことが、出来ます。
又、画像ファイルもUPすることが、出来るだが、、1つまでとなっています。
もしも、地図が、必要な質問のケースは、「Yahoo!」地図を一つ付随させることが、出来るです。
スポットや施設にかんする質問をするケースに有効応用出来るシステムですね。
又、質問するケースにはその質問の正味と一致するカテゴリを選択する必要が、有ります。
中カテゴリまでの選択が、必須です。

質問システムの要注意点

自分自身でスキな質問が、出来る点が、ヤフー知恵袋最大の利点といえます。
ですが、、そんなに如何なる質問もOKかと言うと、そんなにと言うのは限りません。
いざ、テレビですごく取り上げられ、問題視された事件が、2011年に起こりました。
それは、大学受験カンニング事件です。
京都大学などの入試問題を考試中にヤフー知恵袋に投稿し、その問題を知恵袋応用者に解いて貰うと言う行為を試みた人が、いました。
それが、明らかとなった結論、質問者は逮捕されてしまい、大学入試のあり方にまで影響を及ぼす結論となったのは、記憶に新しいところです。
そういう事件に代表されるように、いかに自由に質問出来るサービスといっても、節度は守らないといけません。
又、正味的に問題のない質問も、聴き方一つで回答者の数が、が、らっと変わります。
敬語を使わない不躾な質問のケース、回答もそれに合う正味になるケースが、おおかたです。
次いで大丈夫ケースは構いませんが、、ちゃんとした回答を得たいケースは、わかり易い丁寧な質問の文面を心が、けましょう。
尚、システム面でのカギとしては、「補足本文」にかんして有効応用出来るようになっておきたいところです。
補足本文は、質問が、曖昧だったケース、判りにくかったケース等、質問者が、一度だけ質問に対し補足が、出来るシステムで、5~200言葉以内の補足が、出来るとなります。
回答者に委細を聴かれたケース等に応用すると良いでしょう。
又、質問の取り消しは質問者が、行なえます。
取り消しは回答のある無しに関わらず出来るそれで、不適切な質問だと判断したケースは、自己判断で取り止めましょう。